ホワイトニングで歯を白く!

永代供養とは

 最近は、結婚の晩婚化も進み、結婚することがないまま一生を終える人々も増えています。こちらにどうぞ名古屋 永代供養がおすすめです!
そのため、家を継いで墓や仏壇などをしっかりと守り、寺院などとの付き合いもしっかりして、先祖や親の世代を弔ってほしくとも、それをしてくれる人がいないという現実に直面していています。
最近では、マイホームを手に入れるよりも、埋葬される場所や供養してもらえる寺院を探す方が大変になっているようです。

 

 そのこともあって、最近では永代供養を生前から選んでおき、子どもたちに供養の手間をかけないようにするシルバー世代が増加しています。
例えば夫婦二人きりの家庭や、女子の子どもしか居ない家庭など、家系が途絶える方が加入することも多いのですが、自分たちが埋葬される場所がなかったり、あまり死後に負担をかけたくないという気持ちで永代供養を選択する人も増えているのです。

 

 かつては100万円近くに費用が必要とされていた永大供養も、最近では年間10万円程度の永代供養もできるようになりました。ただし、自分専用、一族専用の墓石があるわけではなく、他の人たちと一緒に共同の墓苑に埋葬されるという合祀と言う方法です。誰かが線香をあげてくれる確率は格段に向上しますが、赤の他人と一緒に埋葬されるということに違和感を感じる人にはお勧めできません。