ホワイトニングで歯を白く!

注文住宅の失敗談を聞いておきましょう。

注文住宅では、その文字通り自分が思う家を造ることが出来ます。
家を建てる場所から、建ぺい率まで自分で決めることが出来るのです。
注文住宅は好きなように作れるのですが、作ってみてからここがいけないとか、思っていたものと違うとか、不満が出てしまうのも事実です。詳しくはこちら→川崎 工務店を探す。

 

 

私が知っている失敗談は、裏庭の形を真っすぐにすれば良かったと効いたことがあります。
部屋と部屋の繋がりを凹ますことで、庭を少し大きくしたのが、結果的に家の中が住みにくいようになってしまったのです。
真っすぐな家の内装にすれば、部屋の大きさが大きくなるので、もっと有効に部屋を使うことが出来たと言っていました。
自由に決められるだけに、自分への自責の念が大きくなるのも事実ですね。

 

もうひとつ聞いたのは、出窓は必要なかったという点ですね。
出窓にすると、部屋の中はまだ良いとしても、外から見ると丁度頭の近くに出っ張りが出るので、頭をぶつけてしまうということでした。
出窓よりも、普通の窓にして大きな窓にすれば良かったと言っていましたね。
注文住宅の場合は、失敗したことを聞いておくと、自分が失敗しなくて済むと思います。
失敗談をしっかりと勉強しましょう。