ホワイトニングで歯を白く!

水子供養はどうやってするのか

中絶や流産など何らかの理由でなくなってしまった子供を水子といいます。まずは愛知 水子供養相談してみませんか?
水子は遺骨が残りませんが、きちんと供養してあげる必要があります。安心の愛知 永代供養お任せ!
遺骨がある場合はお墓に埋葬するなどできますが、遺骨がない水子はどのように供養すればいいのでしょうか。もっと知るには岐阜 水子供養←こちら。
水子の供養方法に決まりはありませんが、一般的には僧侶や導師にお弔いをしてもらいます。水子地蔵を立てたり、位牌を立てて、お寺に祭って供養します。水子供養をしている寺院は全国各地にあります。相談だけでもしてみるとよいかもしれません。寺院が近くになくても電話やインターネットで水子供養の申し込みができて、お弔いをしてくれる寺院もあります。詳細はこちら→愛知 納骨をクリック。

 

自宅で供養することもできます。位牌を立ててお花を飾ったりお線香を立てて供養します。位牌の代わりに赤ちゃんが喜びそうな人形を添えてもよいです。大切なのは気持ちです。天国に行った赤ちゃんに愛しているよという気持ちを伝えてあげると供養されます。毎日お水を取り替えてあげて、きれいなお花を飾りましょう。オススメは愛知 送骨を参考にしています