歯列矯正のおかげでいろいろな体験

歯列矯正のおかげでいろいろな体験

私は生まれつき出っ歯だったので、小学生の高学年くらいの時から歯列矯正をしていました。
恥ずかしながら当時は自分が出っ歯だということにあまり気付ついておらず、そして自分ではそんなに気にしていなかったのですが「女の子だから」と両親がけっこうお金のかかる歯列矯正をしてくれました。
詳しいことは教えて歯医者さん←ここでわかります
歯列矯正ってすぐに始まるイメージがありましたが、私の場合は虫歯の治療や歯磨き、正しいブラッシングの仕方の勉強から始まりました。
虫歯があると歯列矯正のために歯につける道具が邪魔でのちのち治療がしずらくなる為、歯列矯正する前に治しておく必要があるということでした。
探すなら歯医者検索←をクリック
なので、私が実際に歯列矯正の器具を歯につけたのは、約1年後くらいでした。
それから3適切な歯医者の選び方ができます。4年ほどずっと歯に歯列矯正の器具をつけていました。
今は透明な器具などもあって目立たない器具もあるみたいですが、私がやっていた当時はそんなのはなく思いっきり目立っていたので思春期の頃はすごく嫌でした。
同級生からからかわれたりもしました。
でも、大人になった今になってから思うと、やはり小さい頃に歯列矯正しておいてよかったな、と思います。
困ったら歯科選び←まで
歯列矯正のおかげでたまに周りの方から「歯並びいいよね」と言われるので、とても嬉しくなります。